FC2ブログ

ガンだとさ。

最初は直腸ガン。翌年に転移して・・・ それでも負けずにオヤジは頑張ってますよ~!!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--.--.-- --:-- | スポンサー広告 | トラックバック(-) | コメント(-) |
昨日は先週するはずだった抗ガン剤の治療をしにガンセンターに行って来ました。
先週は血液の数値が悪く治療が出来ませんでしたが、今回は何とかギリギリで治療OKでした。
朝の8時に病院に着いてさっそく採血。
今までは8時半から採血だったのですが最近8時に変わりました。
採血の結果が出るのに約1時間程かかります。
結果が出てもすぐに診察という訳に行かなく結局診察したのが10時30分頃・・・疲れた

それから治療に移ります。
治療もすぐには出来ず結局11時20に開始しました。
それから約2時間20分で病院での治療は終了しました。
結局8時から13時40分まで病院に居た事になります。
だいたい何時もこんな感じです・・・・・(-。-;)
それから自宅で約48時間かけての抗ガン剤投与。

この前はこれをFOLFIRI療法と言っていましたがどうやらFOLFOX療法と言うらしいです(;^_^A
今迄もこれをやると結構身体がだるくなっていたのですが昨日は今迄よりかなりきつくお腹まで痛くなってきてしまいましたよ・・・・・
辛かった~~~(>。<)

今日は朝から食欲は無いけど薬を飲む為に何とかパンを少し食べました。
今の所、食欲不振、しびれ、だるさ、で治まっていて、昨日みたいな腹痛はありません。
このまま無いようにお願いしたいもんです。
結構キツイもんで。。。゛(ノ><)ノ

イメージ3

イメージ2

これを首から下げて胸の所に針を刺して抗ガン剤を投与していきます。
スポンサーサイト
退院してから今までにFOLFIRI療法で3回抗ガン剤治療を受けました。
治療は2週間に1度のペースです。
治療を受けるにはまず血液検査を受けてからその結果を見て先生がOKを出します。
そして病院でまず抗ガン剤の点滴を受けその後48時間から50時間位かかる抗ガン剤を首から下げて家に帰ります。
この抗ガン剤の副作用が今までの抗ガン剤に比べてかなりきついです。
今までも吐き気、下痢、脱毛、だるさなどいろいろありました。
とくに下痢はひどかった~、1週間以上続き何も食べられないので何度か病院に点滴に行きました。

しかし今回の抗ガン剤は・・・・・(×_×;)
まずは食べ物の味が分からなくなってしまい何を食べてもまずく感じてしまいます。
そのせいで食欲がまったく湧きません。
それでもなるべく食べるようにしています。食べないと体力が落ちてしまいますからね。
それでなくても体力が落ちているので、無理にでも食べる様にしています。

そして一番大変なのはしびれです。
病院で点滴が終わった時からもう始まりますが、とにかく冷たいという事がだめです。
風が冷たい時などがありますが、そんな時は耳や顔がビリビリしびれて痛かったりします。
それに水道水位の冷たさの水でも手を洗うとビリビリして痛くなってしまい水に触る事も出来ません。
飲み物や食べ物も冷たい物は一切だめで、口に入れるとビリビリシュワシュワしてしまい痛くて飲んだり食べたりが出来ません。
この症状は50時間程たって抗ガン剤がなくなり自分で針を抜くと少しずつ薄れて行きます。
それでも針を抜いて1週間位は続いてしまいます。
そんな訳でこの1週間程は結構大変です。

実は今日はその抗ガン剤療法の日だったので、ガンセンターに言って来ました。
さっそく血液検査をして、先生の診察です。
そうしたら白血球と血小板の数値が低すぎて今回の治療はお休みだそうです。
どうりで最近調子が悪く身体がだるかった訳だ。
そおゆう訳で治療が1週間延びてしまいました。( ̄。 ̄;)

それではまた・・・・・
前回から1ヶ月も開いてしまった、その間は色々考えたり・・・・
パソコンの前にまったく座らなかった(・_・、)"
まあそれはそれとして・・・・・

今回の手術は抗ガン剤治療変更の為で今年の2月20日に入院となりました。
手術は翌日の21日です。
手術・処置はIVHリザーバー留置術と言います。
簡単に言うと、針を刺すための3cm程の円形の受け口と細い管を胸に埋め込むのです。
そこから約48時間かけて抗ガン剤を投与する事になります。
これをFOLFIRI療法というらしいです。

手術はだいたい1時間位で終わりました。
手術中は局部麻酔だったので意識ははっきりしていて、管を埋め込む時のゴリゴリとした感触がよく分かりました。(~_~;)
手術そのものの痛みは全然感じなかったのですが、腰が痛くて痛くてじっとしているのが大変でした。

手術の2日後にさっそく抗ガン剤治療を開始しました。
時間は約48時間、500mlよりもう少し小さいペットボトルのような器具の中にバルーン(風船)が入っていて、そのバルーンの中に抗ガン剤が入っています。
抗ガン剤が減ってくるとこのバルーンがだんだんしぼんできます。
この器具をインフォーザーと言います。
このインフォーザーを持ち運ぶ時はネットに入れて首からぶら下げたり、ポケットに入れたりします。
又寝る時は寝返りを打っても邪魔にならないように、枕元に置くか首から下げて胸に抱えるようにして寝ます。

抗ガン剤治療をはじめて48時間たちましたがまだ薬が残っていて、結局治療が終わったのは51時間後でした。
治療中にさっそく副作用が出てきました。
それはしびれです。とにかく冷たい物に触ると水でも手がビリビリして痛いぐらいです。
それに冷たい物を飲むと口の中がピリピリシュワシュワして痛くて飲めません。
本当に参ります。。。゛(ノ><)ノ

初めての治療は予定より時間がかかりましたが終わりました。
そしてその日25日に退院となりました。





上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。